ガラス瓶の首輪?


助けてくださった方は、この猫をグレ子と呼んでいます。 危険なガラスの首輪をはずしてもらって、不妊手術も済んだグレ子さん。 なかなかの美人猫さんですね。 ガラス瓶を首につけた猫を助けたい!

というSOSのメールがきたときは本当に驚きました。 幸いに近くに住むメンバーがいたので、捕獲器の貸出し、使い方、病院紹介などアドバイスをさせていただきました。 少しでも早くそのガラスをとってあげたい。 捕まえた時に暴れて怪我をしたら・・ 相談者の熱意と不安と心配・・入り混じった感情がよく伝わってきました。 紹介した動物病院の先生も、とても親身になってくださって、ありがたかったと感謝されています。

麻酔をかけたら、そのままガラスを抜くことができたそうです。 ↓ ↓

このガラスを付けて生活していたなんてビックリです。 しかも、3月くらいに出産しているようだと先生がおっしゃったそうです。

どこで、いつから、このガラスを首につけたのか、 自分で顔を突っ込んだのか、 原因を猫に聞けるといいのですが。

外猫の暮らしは、危険と隣り合わせ。 優しい人のところに助けを求めにいくような気がしました。

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

特定非営利活動法人 

 神戸猫ネット

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
LINE_APP_typeB.png